【ウマ娘】キャンサー杯は本当に東京芝1600mで実施される? 想定条件でのメタゲームを紹介

攻略記事

ウマ娘はeスポーツ

もっとゆるっとしたゲームだと思っていたんですが,圧倒的にeスポーツでビビってます。こんにちは,オワダ(@alice8544)です。
7月に実施される「チャンピオンズミーティング キャンサー杯」ですが,条件も何も発表されていないのに,すでにやりこみ勢の間ではメタゲームが展開されています。確かに準備は早すぎるに越したことはありませんが,準備どころかすでに勝負が始まっている勢いです。

やはり多くの人が東京芝1600mを想定しています。自分も適当に来そうだな~とか言っていますが,どうなるんでしょうね

先に断っておきますが,今回の記事は読み物系の記事になります。攻略の面も強いですが,どちらかと言えばオタクはこんなこと考えてんだなぁ~疲れそうwwwwwって感じで軽く読んでもらえればと思います。実際ジェミニ杯の時点で疲れましたし,キャンサー杯も間違いなく疲れるんだろうなぁって思ってます。

ジェミニ杯の時は決勝前日に知り合いとマッチングする夢を見ました。まじでこのままだと病気になるって思いました
スポンサーリンク
スポンサーリンク

キャンサー杯の最右翼は安田記念モデル

今回の記事はすべてキャンサー杯が安田記念モデル――東京芝1600m・左回りで開催されることを前提に組み立ててあります。まぁ,仮に違ったとしてもいつか同モデルのチャンピオンズミーティングが実施されるでしょうし,そのときに適当に掘り起こして再利用しようと思います。ともあれここでは東京芝1600mがどんなレースなのか解説していきます。

東京芝1600mは左回り。図の最終コーナーの開始位置はそこそこアバウトです
上り坂スキルは1300m付近で発動。下り坂スキルの発動は確認できませんでした(※「じゃじゃウマ娘」と「下校後のスペシャリスト」で調査)。画像はJRA公式サイトより引用

東京芝1600mで重要な部分は終盤開始=ほぼ最終直線というところです。こうなってしまうと,コーナー系&最終コーナー系スキルは本領を発揮しにくく,終盤系スキル&最終直線系スキルが生きてきます。
ちなみに,終盤開始位置がほぼ最終直線と書きましたが,セイウンスカイの「アングリング×スキーミング」はちゃんと終盤開始位置で発動します。ギリギリコーナー判定の模様です。

ちゃんと魚釣りしてくれます
最終コーナー位置の固有スキルは,発動しても終盤までに効果が切れてしまうことがほとんどで,本領を発揮しにくくなっています
スポンサーリンク

最強ウマ娘候補はセイウンスカイ

ウマ娘は終盤位置からスパートを掛け,トップスピードまで徐々に加速していくのですが,必然的に終盤位置で最速で加速スキルを発動できるセイウンスカイがトップメタとされています。実際に自分も試してみましたが,何事もなく固有スキルを発動できれば,終盤で一気に後続を離し,そのまま1人旅といったレース展開ばかりでした。

ふつうに走ればセイウンスカイが1強なのはほぼ間違いなさそうです

しかし,チャンピオンズミーティングは3人が3人ずつ出走できますので,セイウンスカイが3人出走してくる可能性も大いにあるでしょう。「アングリング×スキーミング」は終盤コーナーで1位条件なので,発動できるのはほとんどが1人のみとなります。いかにして,終盤まで1位の位置をキープするか。注目されているのは白スキルの「地固め」とパワーと賢さの数値になります。

スポンサーリンク

「地固め」は緑スキル3つで確定発動

「地固め」はレース序盤にスキルが3つ発動すると発動するスキルで加速力がわずかに上がります。ウマ娘はスタートから少しずつ加速していき,序盤の位置取りを決めるわけですが,そのわずかな時間を優位に進められるのが「地固め」で,単独で発動できればほぼ確実にハナを奪えます。
なお,「地固め」は緑スキルもカウントしており,例えば東京芝1600mであれば,「根幹距離〇」「左回り〇」「逃げのコツ〇」を習得していれば,スタート時点で同時に発動されます。

出遅れを防ぐ「コンセントレーション」とも相性はよさそうです

また,加速力に関係するパワーと,位置取りに関係する賢さは重要なステータスで,ハナを奪うのであればある程度の数値は必要となります。このあたりはまだ未調査なので,あらためて調べて,結論を出せたら紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「地固め」セイウンスカイをメタるラビットの存在

言うて自分セイウンスカイ持ってねーんすけど? って人も多いと思いますし,みんながみんな「地固め」セイウンスカイを走らせてきたらそれこそ運ゲーになる可能性は非常に高いです。
そこで「地固め」セイウンスカイの対策として,考案されたのがラビット(ペースメーカー)になります。ラビットは終盤位置まで先頭をキープするのが仕事になるので,ある程度尖ったステータスに仕上げることが予想されます。自身で勝ちを狙ってもいいですが,味方に勝ちを譲るのもラビットの仕事というわけです。

海外競馬ではふつうに使われているラビットですが,まさかウマ娘で使われることになるとは……

ラビットに適しているウマ娘は,レース中盤で固有を発動できる逃げウマ娘で,スマートファルコンやダイワスカーレット,サクラバクシンオーあたりが適当でしょうか。ステータスはまだ正解が見えていませんが,パワーと賢さに寄せるのがいいのかなと考えています。

スマートファルコンは芝Eなので芝因子をかき集める必要があります
当然ですがラビットと「地固め」の相性も抜群です。育成するのであればかならず習得させましょう
スポンサーリンク

第2のメタゲームは差し&追込ウマ娘

セイウンスカイは「アングリング×スキーミング」を発動できないとお世辞にも強いとは言えません。メタられた結果,次に浮上してくるのは終盤系の強力なスキルを持つ差し&追込ウマ娘になります。
とくに注目されているのは,レース終盤で加速力が上がる金スキル「乗り換え上手」を所持するグラスワンダーで,固有スキルの「精神一到何事か成らざらん」も最終直線条件で,東京芝1600mに完全にマッチしています。

「乗り換え上手」は50%以下の順位が条件なのでチーム競技場では発動しにくいとされていましたが,ここにきて活躍の予感です

また,個人的にはスペちゃんの「シューティングスター」も悪くなさそうと考えていて,逃げウマ娘が垂れてきたところを追い抜いて発動すればいい感じなのかも? と思っています。ただ,グラスワンダーの加速&速度アップに対抗できるかは結構怪しいところですが。

なんだかんだ汎用性の高いスペちゃんも悪くなさそうです。「全身全霊」も良き
スポンサーリンク

今日のガチャ更新でどうなるか楽しみです

現時点でのキャンサー杯考察は以上となります。個人的にはバチバチに仕上げたセイウンスカイ,グラスワンダー,あと1人をどうするかって感じで悩んでいますが,そもそも本当にマイルでくるかも分かりませんし,オタク考えすぎでしょって気もしています。

また,今日のガチャ更新で新衣装グラスワンダーがくるのもかなり匂いますね……。セイウンスカイの追加もそうでしたが,かみ合ったウマ娘やサポートカードが登場するだけでメタゲームは一瞬で破壊されます。ある程度ゆるっと育成しつつ,条件が確定したら本気を出すくらいのスタンスでやっていこうと思います。それではまた。

新衣装ウマ娘が悪いとは言いませんが,大人の事情が見え隠れしている感じでモヤっとしますね

コメント

タイトルとURLをコピーしました